Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
株式会社リコー
Breadcrumbs

お客様のIoTシステム構築をアシスト

リコー電子デバイスが考えるIoTと電源IC

早速ですが、リコー電子デバイスの考えるIoTについてお聞かせください。

あらゆる「モノ」がネットにつながる社会、特にIoTデバイスとしてのセンシング機器が爆発的に増加し、社会的課題を解決する手段になりえるのがIoTであると捉えています。

なぜ、IoT市場に注力したいと思われたのですか?

当社は企業理念として”アナログ半導体を核に新しい価値を創造し、人と地球にやさしい社会の発展に貢献する”を掲げています。 加えて、IoT市場では自立電源、電源の長寿命化、センシング精度が課題となっており、旧来から培ってきたアナログ電源技術が、それらを実現する手助けになると考えたからです。これはIoTの市場についてわれわれ若手、中堅社員で中心に繰り返し話している中でまとまった考え方です。

IoTシステムの技術的な課題については、どうお考えでしょうか?

センシング機器が増加するとデータ量が膨大になり、ネットワークへの負荷が大きな課題となります。またセンシング機器から得られた情報のセキュリティ、機器の通信距離も課題になると考えています。

画像:

IoTシステムの課題について、リコーが提案する解決策をお聞かせください。

まず、IoTデバイス側にAI(Artificial Intelligence)が搭載され、必要なデータの仕分け・暗号化処理、 通信距離を延ばすための通信方式変更が今後のトレンドになります。 このようになった場合、従来では考えられないような「超低消費電流でありながら大電流を流せる電源」が必要になると想定されます。 このため、リコー電子デバイスではいち早く相応なラインナップを取り揃え対応していく予定です。

「超低消費電流でありながら大電流を流せる電源」の特長はどういったものでしょうか。

IoT機器は常に動作しているのではなく、間欠動作をしている場合が多く見られます。 間欠動作の場合はStandby時の電流が機器のスタミナを決める重要な要素となるため、超低消費電流が必要です。 一方、アクティブ時の動作であるデータの仕分け・暗号化処理、通信距離を伸ばすためには、一時的ではありますが大電流が必要になります。 例えば、1時間に1回、5msの間に1Aで動作するIoTデバイスのStandby時の電流が1μA増加しただけで機器のスタミナが半分になる計算になります。

RP604

昇降圧DCDCコンバータ
RP604シリーズ

リコー電子デバイスでは、電源ICの特性で重要な出力電圧精度と出力応答性を確保しつつ、消費電流を従来品と比較して約1/90(27.5μA→0.3μA)に抑えた昇降圧DCDCコンバータのRP604シリーズ、消費電流を144nAまで抑えた光発電向け降圧DCDCコンバータのR1800シリーズをラインナップしています。 ともに世界でトップレベルの特性です。(2017/12 当社調べ)

どのようにして出力特性を確保しつつ、消費電流を抑えることができたのですか?

当社のコア技術のため詳しくは申し上げられませんが、プロセスと回路設計が融合した独自の技術を使用することによって、出力電圧精度と出力応答特性を確保しつつ消費電流を抑えることができました。当社の製品を採用いただくことで、存分にその効果を味わって頂けると考えています。

これらの技術によってセットベンダーが得られるベネフィットを教えてください。

電池レスによるメンテナンスフリー、または電池の長寿命化があります。 あるいは、電源ICの超低消費電流化によるハーベスタの小型化、電池の小型化、それに伴うIoT機器の小型化です。

最後に、今後の展望と抱負をお聞かせください。

われわれリコー電子デバイスは電源ICが主力事業ですが、ハーベスタや二次電池、センサー、マイコン、通信用ICなどを扱うメーカーと協業し、 世界をリードできるトータルソリューション提案を行いたいと考えています。

今後とも、ぜひリコー電子デバイスのIoT市場向けの電源IC、およびソリューションに期待してください。

リコーのIoTデバイス向け

超低消費電流 低ノイズ 低起電力 電源ICに関するお問合せ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

販売店経由でのお問い合わせ

販売店のご案内