Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
株式会社リコー

お客様のIoTシステム構築をアシスト

電池寿命に貢献する電源IC

一般的にIoTデバイスは、センサー、マイコン、通信用ICで構成されており、そしてこれらに電源を供給する電源ICが必要となります。

IoTデバイスの電池を長持ちさせるためには電池容量を大きくする方法があります。しかしそれではIoTデバイスの面積や重さも増えてしまいます。

IoTデバイスの小型・軽量を保ちつつ電池を長持ちさせるためには、消費電流はできるだけ小さくする必要があります。

画像:電池の長寿命

リコーのIoTデバイス向けの低消費電流電源ICは、動作待機状態では数100nA、Standby時では数nA~数10nAと非常に小さい値を実現しています。

これらのIoTデバイスの消費電流を、Active時(通信時)の電流を数10mAレベル、Standby時の電流を数μAレベルと想定した場合、リコーの低消費電流電源ICの消費電流はナノオーダーであり、IoTデバイス全体の消費電流に与える影響は非常に小さいため、電池の長寿命化に貢献することができます。

電池寿命に影響する入力電圧の下限値について

さらに、消費電流以外で電池寿命に大きな影響を与えるのが、ICへの入力電圧の下限値です。 電池電圧は使用とともに徐々に低下するため、入力電圧の下限値が低いとそれだけ電池を長く使うことができます。

一例としてボタン電池(CR2032)での放電特性は下図に示すような電圧低下に傾斜を持つ特性を示します。 また、IoTデバイスでは間欠動作をさせることが多く、パルスによる負荷がボタン電池にかかることにより、より低下の傾斜が強い下図の赤線のような特性を取ることになります。

ボタン電池(CR2032)の放電特性

ボタン電池の放電特性

電源IC RP512の場合

電源ICのRP512では入力電圧の下限値は2.0Vです。ボタン電池での間欠動作時では2.4Vの製品と比較すると、75%長く使えることになります。

このように電池寿命を重視されるお客様は、消費電流とともに入力電圧の下限値の考慮も重要になります。

リコーのIoTデバイス向け

超低消費電流 低ノイズ 低起電力 電源ICに関するお問合せ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

販売店経由でのお問い合わせ

販売店のご案内