Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
株式会社リコー
Main content

アプリケーションノート: リセットIC (ボルテージディテクタ)

リセットICの出力端子

Nch.オープンドレイン出力とCMOS出力

リセットICの出力にはNchオープンドレインとCMOSの2種類があります。リセットICの電源とリセット信号を受けるMPUの電源が同じであるか、別系統の電源かによって、この2種類から適切な出力形態を選択してください。
リセットICとMPUが同じ電源系である場合にはCMOS出力が使用できます。しかし、別電源系である場合にはNchオープンドレイン出力を使用してください。その際には出力端子をMPUのI/O電源にプルアップすることで、MPUに最適な入力電圧になります。

CMOS出力で接続

CMOS出力で接続

Nch.オープンドレイン出力で接続

Nch.オープンドレイン出力で接続

SENSE端子分離型とは

リセットICには、ICが動作するための電源(VDD端子)と電圧を監視するための入力(SENSE端子)を1端子で行っている製品と、それぞれ別にしているSENSE端子分離型の2つのタイプがあります。
SENSE端子分離型は、VDD端子に動作電源電圧が供給されていればSENSE端子の入力電圧が低くても出力が不定になることが無いため、低い電圧を監視する回路に適しています。

リセット反転品 ("H"リセット品)

通常のリセットICは、監視する電圧が検出電圧値を下回った場合に、”L”レベルを出力します。それに対してリセット反転品は、”H(Hi-Z)”レベルを出力します。

VDD端子に動作電源供給と監視機能の両方の機能のある製品では、VDD端子への入力電圧が最低動作電源電圧以下の場合、リセットICが正常に動作しないため、リセット信号の出力が不定となってしまいます。出力がNchオープンドレインタイプかつ反転品(”H"リセット品)であれば不定状態にならず、機器の制約などによりSENSE端子分離型が使用できない場合でも、安定した出力が必要な回路に使用することができます。

R3111

リセット反転品 ("H"リセット品)

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

050-3814-7090(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

販売店のご案内 ご購入、サンプル依頼、資料請求

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

ネット商社のご案内 オンラインサンプル購入

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内