Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
株式会社リコー
Main content

アプリケーションノート: LDO レギュレータ (リニアレギュレータ)

2チャンネルLDO レギュレータ

2チャンネルLDO レギュレータには電源電圧の入力方法として、1入力型と2入力型があります。

1入力型は入力端子を共用することで端子数が少なくできるため、小型パッケージを使用することができます。しかし、2チャンネルのLDOレギュレータの入力電圧が共通になってしまうため、2つの出力電圧に大きな差がある場合、入力電圧と低い出力側の出力電圧の電位差が大きくなり、エネルギーロスや発熱が大きくなるという問題もあります。

これに対し、2入力型はそれぞれの出力電圧に適した入力電圧を入力することが出来るため、入力電圧と出力電圧の電位差を小さくすることが可能で、エネルギーロスや発熱を小さくすることができます。しかし、入力端子が2つになるため端子数が増えパッケージが大きくなることも考えられます。

リコーの2入力型2チャンネルLDO レギュレータはDFNパッケージを採用することにより小型化を実現しています。

2ch LDOレギュレータ

シーケンス制御とは

RP152xxxxC にはシーケンス制御機能が搭載されています。

2チャンネルのLDOレギュレータそれぞれのCE端子(CE1,CE2)を接続して使用してもVOUT2がVOUT1より100 µs 遅れて立ち上がります。段階的に立ち上がるため、立ち上がりシーケンスとして制御することができます。また、VOUT2はVOUT1より約5倍早くディスチャージするので立下りシーケンスも構成できます。

シーケンス制御

2チャンネルLDO レギュレータ入力型

1入力型

2入力型

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

050-3814-7090(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

販売店のご案内 ご購入、サンプル依頼、資料請求

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

ネット商社のご案内 オンラインサンプル購入

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内