Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
Main content

アプリケーションノート: リセットIC (ボルテージディテクタ)

使用上の注意事項

リセットICの入力に抵抗を挿入する場合は、[ICの消費電流]×[抵抗値]の分だけ入力電圧が低下します。
また、検出状態から解除状態に切り替わるときに流れる貫通電流*1によって[貫通電流]×[抵抗値]の分だけ入力端子の電圧が低下し、この入力端子の電圧低下が解除電圧と検出電圧の差より大きいと、リセットICは再び検出状態になります。
入力の抵抗値が大きく、入力端子電圧の立ち上がりが解除電圧付近で緩やかな場合には、この動作を繰り返して出力が発振することがあります。

リセットICの入力に抵抗R1を挿入する場合(図A / 図B参照)は100kΩ以下を目安とし、0.1 µF以上の入力コンデンサCINを入力端子/GND間に接続してください。
その上で、実際の使用条件で温度特性を含めた評価を行い、貫通電流が問題ないことを確認してください。

図A

図A

図B

図B

  • *1 CMOS出力タイプでは、出力端子を充電する電流を含む。
  • *2 コンデンサのバイアス依存性に注意してください。

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

03-5479-2854(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内