Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
Main content

アプリケーションノート: LDO レギュレータ (リニアレギュレータ)

サーマルシャットダウン回路とは

出力端子とグラウンド端子がショートした際など、LDO レギュレータの過熱を検知して動作をストップし破壊を防ぐ回路です。

例えば、R1150 ではLDO レギュレータのジャンクション温度が150℃以上になるとLDO レギュレータの動作を停止させます。
また、LDO レギュレータが停止したことでジャンクション温度が下がり、125℃以下になるとLDO レギュレータの動作を再開します。(製品によって温度は異なります。)

そのため、サーマルシャットダウン回路が動作するとLDO レギュレータのON/OFFが繰り返されることになり、出力電圧がパルス状になるので注意が必要です。
データシートではサーマルシャットダウン検出温度(TTSD)とサーマルシャットダウン解除温度(TTSR)として表記されています。

R1150 ブロック図

R1150 ブロック図

R1150 (VOUT=5V)

R1150 (VOUT=5V)
出力電圧 対 ジャンクション温度

R1150 温度変化と動作

R1150 温度変化とレギュレータ動作

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

03-5479-2854(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内