Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
Main content

R5439 シリーズ
2/3/4セル リチウムイオン電池用 VR搭載 セカンドプロテクションIC

  • 長期供給
  • RoHS

ダウンロード

オンラインサンプル

  • チップワンストップ
  • Mouser

購入/資料請求

製品仕様

R5439 は、Liイオン / Liポリマー二次電池の過充電保護用ICです。Liイオン/ Liポリマー電池2セル ~ 4セルの過充電の検出が可能です。高精度な電圧検出回路、遅延回路、および、外部リアルタイムクロックを駆動するためのボルテージレギュレータを内蔵しています。2段階のシャットダウン検出回路によって消費電流を極力低減することができます。

特長

動作入力電圧範囲 4.0 V ~ 25 V or VC1 +5 V (最大定格 32 V)
消費電流 Typ. 4.0 µA
スタンバイ電流 Max. 0.2 µA
内蔵レギュレータ 出力電圧範囲 2.9 V ~ 3.7 V (0.1 V Steps)
出力電圧精度 ± 2%
COUT 出力 Typ. 4.7 V (CMOS 出力アクティブ”H”)
過充電 (VDET1) 検出電圧範囲 4.2 V ~ 4.6 V (0.005 V Steps)
検出電圧精度 ± 0.02 V
検出遅延時間 2 s, 4 s, 6 s
遅延短縮機能*1により遅延時間を1/80 程度に短縮可能
復帰電圧範囲 VDET1 ~ VDET1−0.4 V (0.05 V Steps)
ただし、最小値は 4.15 V
復帰電圧条件 電圧復帰タイプ
シャットダウン1 検出電圧 3.8 V ±0.3 V
検出遅延時間 なし
シャットダウン2 (VSHT2) 検出電圧範囲 2.3 V ~ 2.8 V (0.1 V Steps)
検出電圧精度 ± 0.05 V
検出遅延時間 2 s, 4 s, 6 s
復帰電圧 VSHT2 + 0.2 V
機能 IC 外部配線による2 / 3 / 4 セル切り替え可能
タイマリセット遅延機能の選択
パッケージ DFN (PLP) 2020-8

*1: VDD – VC1 端子間に4V ± 0.2 V の電圧を印加することにより遅延時間短縮が可能

基本回路例

4 セル保護回路例
(CMOS 出力、アクティブ"H"、ノーマルモード時)

※ 端子の接続順番は、B- → B3 → B2 → B1 → B+ の順で接続してください。
RVDD: 100 Ω, R1~4: 1000 Ω, CVDD,C1~4,CVROUT: 0.1 µF

端子説明

DFN(PLP)2020-8

DFN(PLP)2020-82.0 mm × 2.0 mm
1 VDD
2 VC1
3 VC2
4 VC3
5 VC4
6 VSS
7 COUT
8 VROUT

*) タブは基板電位(GND)です。


民生用 R5439 シリーズ

アプリケーション

  • Li イオン / Li ポリマー二次電池パック

長期供給プログラム

R5439 は、長期供給プログラムを運用しています。
ライフサイクルの長い機器の開発においても、安心して部品を選定していただくことが出来ます。


セレクションガイド

R5439 は、過充電、遅延時間を用途によって選択できます。

製品名 対応 パッケージ リール巻数
R5439Kxxx$#-TR 民生長期供給 DFN (PLP) 2020-8 5,000
  • xxx … 設定電圧コードの指定
    設定電圧コードは、過充電検出電圧 (VDET1n)、過充電復帰電圧 (VREL1n)、シャットダウン2 検出電圧 (VSHT2n)、ボルテージレギュレータ出力電圧 (VROUT) の組み合わせにより決定します。
    過充電検出電圧 VDET1n*1 : 4.2 V ~ 4.6 V の範囲を5 mV 単位で指定可能
    過充電復帰電圧 VREL1n*1 : VDET1n –0V ~ VDET1n –0.4V の範囲を50 mV 単位で指定可能 (Min. 4.15V)
    シャットダウン2 検出電圧 VSHT2n*1 : 2.3V ~ 2.8V の範囲を 100 mV 単位で指定可能
    ボルテージレギュレータ出力電圧 VROUT : 2.9 V ~ 3.7 V の範囲を 0.1 V 単位で指定可能
  • $ … 遅延時間コードの指定
    遅延時間コードは、tVDET1、tVSHT2、tVREL1、およびtVTR の組み合わせにより決定します。
Code 過充電検出
tVDET1 (s)
シャットダウン2検出
tVSHT2 (s)
過充電復帰
tVREL1 (ms)
過充電検出タイマリセット
tVTR (ms)
A 2 2 16 6
B 4 2 16 6
C 6 2 16 6
D 2 4 16 6
E 4 4 16 6
F 6 4 16 6
G 2 6 16 6
H 4 6 16 6
J 6 6 16 6
K 1.5 4.5 12 4.5
  • # … 遅延機能の指定
    A: タイマリセット遅延機能 無し
    B: タイマリセット遅延機能 有り

*1: VDET1n, VREL1n、VSHT2n : n =1, 2, 3, 4

ドキュメント/お問い合わせ

ダウンロード

購入/資料請求

パッケージ *1 信頼性 *2
DFN(PLP)2020-8 R5439K

*1: パッケージファイルには、パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パッド推奨寸法(ランドパターン)を含みます。
*2: 信頼性ファイルには、信頼性試験成績書、リフロープロファイルを含みます。

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

03-5479-2854(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内