Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
現在地
Main content

2セル リチウムイオン電池用保護IC

リコーの2セル用保護ICは高精度で、特にR5462シリーズは0°C~50°Cで過充電検出精度±10 mVの高精度を実現しています。

製品名 過充電
検出電圧[V]
(精度)
過放電
検出電圧[V]
(精度)
放電過電流
検出電圧[V]
(精度)
充電過電流
検出電圧[V]
(精度)
消費電流
[µA]
アラーム機能 パッケージ ダウンロード
R5460 4.2 to 4.5
or
3.5 to 4.0
(±25mV)
2.0 to 3.0
(±2.5%)
0.05 to 0.20
(±15mV)
-0.1 or
-0.2 (±30mV)
or
-0.4 (±40mV)
4.0 - DFN(PLP)1820-6
SOT-23-6
データシート
R5462 3.65 to 4.32*1
(±10mV)
2.0 to 3.2
(±1%)
0.05 to 0.20
(±10mV)
-0.2 to -0.1
(±20mV)
4.0 - DFN(PLP)1820-6B -
R5463 3.65 to 4.32
(±20mV)
2.0 to 3.2
(±1%)
0.05 to 0.20
(±10mV)
or
0.20 to 0.40
(±10%)
-0.2 to -0.1
(±20mV)
4.0 - DFN(PLP)1820-6B データシート
R5464 4.0 to 4.3*1
(+10mV/-15mV)
2.0 to 3.0
(±2.5%)
0.05 to 0.24
(±15mV)
-0.22 to -0.1
(±20mV)
5.0 or 6.0 対応 DFN(PLP)2527-10 データシート
R5466 4.0 to 4.3
(+20mV/-25mV)
2.0 to 3.0
(±2.5%)
0.05 to 0.24
(±15mV)
-0.22 to -0.1
(±20mV)
5.0 対応 DFN(PLP)2527-10 -

*1 製造ばらつきを考慮してレーザートリミングにより0°C~50°Cで温度補正を行っています。ただし、この温度範囲での規格は、設計保証です。

基本回路例

基本回路例

TIN :サーミスタ接続端子、RIN :抵抗接続端子
Ps :過充電アラーム出力Pchソース端子*

  • *) アラーム出力端子 (AOUT) はPchオープンドレイン出力です。
    R5464/66 はそのソースとしてVDD 端子ではなく専用のPs端子を持っているため、バッテリーパックのプラス端子とVDD 端子間にてプルダウン抵抗R6による電圧降下が生じることがありません。これにより、R5464/66 のR6の設定自由度が高まります。
  • *) アラーム出力端子 (AOUT) のある製品:R5464、R5466

アラーム機能

アラーム機能

セル1電圧、または、セル2電圧がアラーム過充電検出電圧以上になるとAOUT 端子からアラーム信号を出力します。
サーミスタが感知する温度が45°C以上になるとアラーム検出電圧を下げることができます。(サーミスタの感知温度は変更可能)

  • *)サーミスタによってアラーム検出電圧を下げることができる製品:
    R5464、R5466

技術相談・テクニカルサポート

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

平日9時~17時(土日、祝祭日、当社休業日を除く)

03-5479-2854(東日本地区)

072-748-6262(西日本地区)

ご購入/サンプル

ご購入、サンプル依頼、資料請求

販売店のご案内

オンラインサンプル購入

ネット商社のご案内