Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
現在地
Main content

オートモーティブワールド 2016
第8回 国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレ JAPAN) 出展のご案内

開催終了いたしました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

カーエレJAPAN 2016年1月13日~15日 リコーブース W11-76

2015年11月24日
リコー電子デバイス株式会社

このたび、リコー電子デバイス株式会社はカーエレクトロニクスに特化したアジア最大級の専門技術展である『第8回 国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレ JAPAN) (総称:オートモーティブワールド2016)』に車載用電源IC製品を出展いたします。
ご多忙中のところ恐れ入りますが、この機会に是非ご来場くださいますようお願い申し上げます。

会期 2016年1月13日(水)~1月15日(金)
開場時間 10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会場 東京ビッグサイト 西ホール1F 会場アクセス
出展ブース 車載半導体ゾーン W11-76

ブース位置

公式サイト

http://www.car-ele.jp/

入場には招待状(無料)が必要です。
お問い合わせフォームからご依頼いただければお送りさせていただきます。

出展内容

NEWR1524: 超低消費電流 (2.2µA) の高耐圧ボルテージレギュレータ

R1524 は、2.2µAの超低消費電流でありながら、優れた応答特性という特長を実現しています。定格電圧50V、出力電流200mAのLDOとしては業界最小クラスのSOT-23-5パッケージもラインアップし、お客様の機器の小型化にも大きく貢献すると共に、車載バッテリーの負荷を大きく低減します。

NEWR1275: 34V動作が可能な降圧DCDCコンバータ

R1275 は、同期整流ドライバを内蔵し、低い出力電圧時でも高い効率を実現可能です。3つの出力電圧制御モードを持ち、PWM/VFM自動切換えモードはスイッチング停止時の自己消費電流が15uAと少ないため軽負荷時でも効率が高く待機時のバッテリー消費を軽減します。強制PWMモードは、外部抵抗により設定される発振周波数で動作可能です。PLL_PWMモードは、外部クロックに同期した発振周波数で動作可能でノイズ対策が容易になります。

NEWR5110: ボルテージレギュレータ、ボルテージディテクタ、ウォッチドッグタイマ搭載の複合IC

R5110 は、ボルテージレギュレータ、ボルテージディテクタとウォッチドックタイマで構成されており、マイコン使用機器の電源供給とResetに用いると共にマイコン動作を監視します。定格電圧は50Vと高く、消費電流は25µAと低消費電流なため、車載ECU向けの電源に適しています。また、3つの機能を1チップに内蔵した製品であるため、部品数を少なくすることが可能です。

NEWR5112: ボルテージレギュレータ、ボルテージディテクタ搭載 超低消費 複合IC

R5112 は、50V耐圧のボルテージレギュレータと電圧監視機能を3.8µAの低消費で実現しています。また、スタンバイ時にはリセットを保持しながら0.1µAのスタンバイ電流でシステム負荷の軽減に貢献します。

NEWRP510: 5.5V動作 4A出力の同期整流型の降圧DCDCコンバータ

RP510 は、2.3MHzの周波数で動作し1µHのインダクタが使用可能のため周辺部品の小型化が可能です。ICも3mm角の小型パッケージでありながら4A駆動が可能であり、3.3V入力1V出力時のピーク効率は85%以上の高い効率を実現しています。