Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社

Skip to main content First level navigation Menu
現在地
Main content

企業の社会的責任

CSR経営の考え方

地球・社会の持続的な発展と自社のさらなる成長を目指し長期展望に基づく社会的責任経営を実践

今、私たちが暮らす社会には、地球環境問題をはじめとして、貧困や人権問題、資源・エネルギー問題など、グローバル規模で取り組まなくてはならない課題が山積しています。リコーグループは、私たちの使命である新しい価値の創造とイノベーションを通じて、地域や社会、さらには人類や地球環境の持続可能性向上に貢献する社会的責任経営を実践しています。

CSR憲章

「リコーグループCSR憲章」は、リコーグループがグローバルで企業活動を展開していくにあたり、グループ全企業が「企業の社会に対する責任」(CSR: Corporate Social responsibility)を果たすための企業行動原則を定めたものです。

グループ行動規範

「リコーグループ行動規範」は、リコーグループがグローバルで企業活動を展開していくにあたり、リコーグループの全ての役員および社員が守るべき基本的な行動規範を定めたものです。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

当社は、社員が仕事と育児を両立させることができるようにするため、また、社員一人ひとりが能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定いたしました。