Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社
RECRUIT 2018

Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

新入社員座談会

新入社員座談会リコー電子デバイスの、若手社員10名が集合!
当社を選んだ理由から職場の雰囲気、また将来の夢や目標など、本音を語ってくれました。

01入社の決め手は、専門性の高さと職場での話しやすさ

新入社員座談会のインタビュー風景1
設計部
僕は在学中に在籍していた研究室で、当社との共同研究を実施していて会社のことを知ったんだけど、そのご縁で工場見学をさせてもらったり、皆さん色々と親切だなと思ったのを覚えてる。大学の研究で培った知識をいかせる点や、自然に部署関係なく意見交換ができる社風に惹かれたのが入社の決め手かな。
技術部
僕も同じく、事業所を見学させてもらった時の印象が良かったな。
社員の方々も気さくで、上司の方との距離がとても近い印象を受けたし、雰囲気も自分にあっているかなと思ったし。
設計部
確かに。雰囲気の良さや面談での話しやすさは、決め手の一つだよね。
初めて会社に来た時に、人事の方が門で出迎えてくれて、そんなケースは初めてだったから、本当に驚いたよ。学生が緊張しないような空気づくりをしてくれている点が一番、伝わってきた企業だったと思う。
設計
技術部
僕もここへ来た時に、人事の方が気さくに話しかけてくれたおかげで、緊張がほぐれたから、それはわかる。その時に、すごくいい職場だなって感じた。
設計部
うん、説明会でも、先輩社員の印象がすごく良くなかった?
聞いていて楽しかったし、フランクに話してくれたので、とても話しやすかった。社員同士の距離感が近いことが、入社を決めた理由の一つになったかな。
設計部
私の場合もリクルーターの方が、どんな質問をしても快く丁寧に答えてくれた点が大きかったな。できるだけ早めに対応してくださったり、面接でも学生がリラックスできる話題をあえて選んでくださったり・・・、本当に人も雰囲気もいいな、って。
品質
保証部
確かに。説明会の段階から人の良さやあたたかさは感じたよね。
「この人と働きたい!」と思える方ばかりだったことが志望動機になったくらい。実際に面接でお会いした方で、今でも声をかけてくださる方もいらっしゃるし。
設計部
僕はもともと回路設計に興味があって志望してたけど、説明会で学生が知りたがっている情報をきちんと誠実に示してくれたので、ますます入社したいと強く思うようになったんだ。独自のノウハウを持った電子回路のスペシャリストという僕自身の目標も、当社の事業内容にマッチしていたしね。
技術部
僕も大体同じ理由かな。人を大事にする風土が根付いていることが、説明会で実感できたから。生活の一部となっている様々なデジタル機器に当社の製品が使用されているし、海外へ向けた製品も多いので、やりがいも大きいなって。
営業部
僕も学生時代に留学していたので、積極的に海外展開を行っている企業である点に魅力を感じたよ。若手社員でも海外で活躍できるチャンスを提供してもらえることも大きかったと思う。多文化コミュニケーションをいかして仕事ができる職場だなと実感できた点も、決め手になったかな。

02頼もしい先輩たちの姿に励まされ、急成長中

新入社員座談会のインタビュー風景2
設計部
入社前は基礎知識をたくさん勉強しないと、業務に貢献できないと思ってた。
でも、今は学びながら現在の業務に沿って自身がスキルアップすることで会社に貢献できるとわかって、安心して取り組めてる。
設計
技術部
設計技術部でも難しいこと、わからないことは日々あるけど、僕が質問したら快く指導していただき、周りの先輩たちがフォローしてくださるから、無理難題な業務をこなしているという印象はないかな。ペアリーダーの方がとても優秀なので、その方を目標にして頑張っていきたいと思ってるよ。
設計部
一日に何度もペアリーダーの先輩が話しかけてきてくれるので、その都度、困っていることや状況を相談できるよね。話しかけやすいから、わからなければすぐに聞くことができる環境だし、知識や経験が豊富な方ばかりなので、学ぶことも多いよ。
技術部
確かに、最初は半導体のことについて勉強するのが難しく、会議に出ても理解できない単語があったりしたけど、ペアリーダー制度のおかげで、かなり改善できてるんじゃないかな。
技術部
僕もペアリーダーの方に同行して、色々な会議に参加させてもらうけど、様々なシーンで他の部署から意見を求められている先輩の姿を見て、自分もそういった周りから頼られる存在になりたいと思う。すごい憧れるよね。
設計部
うん、今はまだ僕たちは知識を得ている段階だけど、ペアリーダーの先輩からは、「専門性の高いプロフェッショナルな方が社内にはたくさんいるので、色々な方に聞いて見識を広めるように」って言われてる。「こうした時はあの方に聞こう」と、自ら判断できるように、色々な方との関わりを増やして成長することが必要なんだな、って感じるよね。また、それが可能な職場であることも実感できてると思う。

楽しくて豊富な社内行事と、ワーク・ライフ・バランス

新入社員座談会のインタビュー風景3
設計部
当社では各部にレクリエーション委員がいて、大体が若手社員だけど、皆で話し合って行事の企画を決めていくよね。
品質
保証部
入社して一番楽しかった思い出は、事業所内で開催されたビアパーティ!
部門を越えてこれまで話したことのない方とも交流が持てたから。そういえば、初めてのビアパーティのステージで、歌った同期いなかった?(笑)
設計部
はい!(笑)軽音部と一緒に参加して楽しかったです!
設計部
そうした全社的な交流会イベントは、年に何回か開催されるもんね。
社内ではスポーツが盛んだし、定時終わりで先輩とフットサルに行ったりと、身体を動かす機会が多いのも良いよね。
技術部
僕は個人的に、週末はスポーツジムに通ってるよ。福利厚生面で利用料金にサポートがあるので、本当に助かってる。
休みもとりやすく、会社からの有給取得推奨日がある点も魅力じゃない?
設計部
確かに、先輩たちもオンとオフの切り替えが上手だと思う。
忙しいなかでもメリハリをつけて働くことができるように、日々の業務のなかで周りからのフォローもあるし、サポート面が手厚いのも、当社のメリットの一つだよね。

03社会や世界を見据えて、挑戦したい夢と目標

新入社員座談会のインタビュー風景4
設計部
まずは自分の製品を持ち、それが様々な企業に必要とされ、会社の貢献につながることが目標。そして、その世の中に出た製品が活躍している姿を見てみたいな。
設計部
私も設計だけど、今はペアリーダーの方の指示のもとで、サポートしかできてないから、自分で一つの製品を責任をもってやりきるようになりたい。それが最終的に製品になって、市場に出るのが今の夢!
設計部
僕も身近な生活に使われているデバイス機器に、自分が作ったものを搭載させたい。そして、いつか自分の頭の中でイメージした未来の話を実現できればいいなと思うな。
技術部
僕は生産技術だから、半導体を作る上で、新規技術の開発を任せてもらえるようになりたい。最終的には、技術職として海外に向けて挑戦していきたいな。
技術部
僕も生産技術なので、半導体全体に付加価値を持たせるような、新技術の開発ができるようになっていたいと思ってるよ。
設計部
半導体業界のなかで、当社の製品がないとこの製品は作れないと言われるものを作りたいよね。他社にはない魅力ある製品づくりに携わり、製品を通して社会にも貢献できるような技術者になりたいと思う。
設計部
学生時代は先端研究中心で、知識がいつ活用できるのか少し戸惑いがあって・・・。
でも今は、実際に技術者がクライアントの要求を聞いて、それをベースに開発ができる。その上で本当に人の役に立つものを自分で考えて、一から生み出したいという気持ちが強いし、それが目標になってる。
設計
技術部
僕はもっと身近なところだけど、来年、後輩が入ってきたらもう先輩なので、一年後、二年後には、一人で仕事ができるようになっていたい。
今の先輩や課長からは、「君に任せたら大丈夫」と、言ってもらえることが目標かな。
品質
保証部
私は品質保証部で、不具合対応など品質に携わる仕事だから、色々な部署の人と関わりながら、お客様の視点で物事を考え要望を理解していきたい。
そしてお客様の期待に応えられるようになりたいです。
営業部
僕は営業目線で目標が2つあって、1つはビジネスを拡大して、新興国の人たちの幸せや生活向上になるようなことにつなげたい。
もう1つは同期たちと一緒に仕事ができるように、彼らがつくった製品を、世界の色々な人に売り込み、その国の人が喜んでくれるようにしたい。
当社の製品を通して、自分の夢も広げていきたいと思ってます。

04就活中の学生へのメッセージ

新入社員座談会のインタビュー風景5

当社には人を大事にし、若手、ベテラン関係なく発言ができる風土があります。活発に議論が交わせるため、高品質、高機能な製品づくりにつながっていることを実感できます。専門的な知識がなくても、実務に必要な基礎知識は研修で学ぶことが可能なので、半導体、電子部品、グローバル市場に興味のある学生は、ぜひ挑戦してみてください。

※ペアリーダー制度とは
新入社員に早期に一人前の社員へ成長して頂くことを目的として、新入社員の配属先の先輩社員が指導担当者(ペアリーダー)として一対一で一年間、指導・育成支援を行う制度です。新入社員に研修を行うだけでなく、ペアリーダーに対しても指導力・育成支援力を強化するための研修を行う等、会社全体で新入社員の育成サポートを行っています。また、ペアリーダー制度期間終了後に、一年間の活動報告の発表会を行い、新入社員の成長度合いを振り返っています。

※福利厚生制度
リコー電子デバイスの福利厚生制度は年間ポイント制を導入しています。ポイントは個人の生活スタイルに合わせて、会社の食堂を利用する際の食事補助はもちろん、旅行や自己啓発、フィットネスクラブの利用料金補助等、様々なメニューから自由に選択し利用することができます。