Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

リコー電子デバイス株式会社
RECRUIT 2018

Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

社員インタビュー

設計技術部社員
当社ならではのスピード力に磨きをかけ、次世代のデバイス開発に挑戦したい
設計技術部社員のインタビュー風景1

一番の魅力は、自由度の高さ

入社する前は、学生時代の研究の兼ね合いもあり、レンズなどの光学関係に興味がありました。就活中に検討していた企業のなかでも、特にリコーの雰囲気が良かったため、最終的に入社を決意しました。

電子デバイスを選んだ理由としては、唯一営業から生産まで一貫して業務を行っている企業であり、全工程が確認できる点に惹かれたからです。
例えば他社の製品と自社製品のパーツを組み合わせると部分的な業務になってしまい、他社製品のスペックなどの制約に縛られてしまうケースがあるのではないかと思いました。その点、社内で全てを担えると、一から作るため自由度も高く、面白そうだなと純粋に感じましたね。

設計技術部社員のインタビュー風景2

業務に集中しやすい、技術の役割化

現在、私が所属している設計技術部では、一課と二課で少し役割が異なります。私は一課に所属しており、主に設計環境の構築で、二課はその完成したものに対して、テストをする部門になります。

回路を設計しているのはまた別の方になり、その設計者と一緒に製品を作る側の仕事をしています。具体的にはCADを使って、設計者が作成した回路図を基に、MOSのレイアウトを行います。基本は社内で完結する環境で仕事を行うため、ほとんどがデスクワークです。

設計技術部では、作る側と評価する側とで役割分担をしているため、一人の技術者への負担軽減も図れ、効率化も実現できています。現在では、いかに早く新しい機能を生み出すのかという点において、スピード勝負は欠かせません。その点を考慮した部署構成も、当社の特長の一つだと思います。

設計技術部社員のインタビュー風景3

円滑なコミュニケーションが要に

レイアウトは、その出来によって製品の価値を大きく左右する仕事なので、回路設計者と密にコミュニケーションをとるように気をつけています。情報の確認も、口頭ベースで進めるのではなく、定期的に文書化し、要点をお互いにクリアに理解できるように努めています。

また、所属する業務の枠にとらわれず、回路設計者が回路に込めた意図や、自身がレイアウトした製品が、どのような工程で出来上がるのかを知ることで、より業務の品質を向上させることができていると思います。

そうした点では、基本的に上下関係なども含めて風通しのよい職場なので、何でも話しやすいですね。ちょっとしたアイデアでも、気がつけば仕事に反映されていたりと、上司の方や会社の寛大さも感じられます。

設計技術部社員のインタビュー風景4

半導体の可能性を、より高めるために

最近実感したのは、設計者同士でも情報を共有し、各々のノウハウを新しい製品づくりへといかす工夫も必要だということです。そうしたコミュニケーションを発展させていくと、スピード化への貢献もそうですが、チーム同士の壁を取り払うことができ、現場での風通しがさらに良くなります。

それを踏まえて、各部署(設計、設計技術、生産)との横のつながりも強化し、効率的で高品質な製品開発ができるような環境にしていきたいです。今後は、製造部門と協力して、新規デバイスの開発にも取り組んでみたいですね。

会社全体としては、将来的に半導体のみならず、プラスαの事業領域が広がっていけばいいなと思います。半導体の枠を飛び越えていけるように、挑戦することにも面白さを感じています。

当社の魅力

上下関係の風通しが非常に良いことです。

困りごとも相談しやすく、自分の意見を言いやすい環境づくりは、当社の働きやすさの一つだと思います。設計者同士でもプライベートで交流の機会があったり、平日に昼食や夕食の場が一緒になる際も、気さくに上司の方とも話をすることができています。

設計技術部社員のインタビュー風景5

学生へのメッセージ

はじめから業種を限定せずに、色々な企業の説明会に足を運ばれることをおすすめします。もし学生時代の専攻とは違う事業内容の企業に就職したとしても、多様性が広がるかもしれません。もちろんスペシャリストとして磨かれることも大切ですが、全く違うフィールドで得た経験と、それまで培った経験とが、どこかで結びつく可能性もあります。

私自身、「就職活動は"縁"」と、よく耳にしました。どのような会社でも、採用された会社と皆さまとの間には、何かしらの"縁"があり、必ずそこには輝ける舞台があるはずです。もし、私たちと"御縁"がありましたら、一緒に働きましょう。

1日のスケジュール

OTHER
 INTERVIEWS

様々な分野で活躍する先輩社員をインタビュー!
それぞれの部門で働く彼らの、業務内容や仕事のやりがいなど、ぜひ参考にしてください。